仏殿

 当初の伽藍は応仁の乱でほとんど焼失し、現在の諸建造物はそれ以降建立のものである。
 大門から参道を下って正面の仏殿は、寛文8年(1668)徳川四代将軍家綱によって再建され、現在伽藍の多くはこの時整備されている。
 仏殿は一重もこし付入母屋造り本瓦葺き、唐様建築の代表作で、国の重要文化財である。

 仏殿内陣には運慶作と伝える阿弥陀・釈迦・弥勒の三尊仏が安置され、過去・現在・未来の三世にわたって人類の平安と幸福を祈る人々の信仰を集めている。
 このような形式の安置方法は日本には少なく、俊律師が留学した南宋仏教の影響で、宋代仏教の伝来を担う泉涌寺にふさわしい本尊である。
 堂内の鏡天井には雄壮な蟠龍が、また三尊仏背壁には飛天、裏堂壁には白衣観音像が描かれているが、いずれも狩野探幽筆である。
 なお堂内左右奥に祖師堂と土地堂を配しているのは中国の宋風様式である。毎年3月15日奉掲の古明誉筆「大涅槃図」は、国内随一の巨大作である。


心照殿山内寺院境内図末寺一覧泉涌寺を守る会月輪未生流泉涌寺霊園神仏霊場会facebook