泉涌水屋形・浴室・鎮守

水屋形
 浴室の東南山裾には寺名の起源となった名泉が、今も尽きることなく涌き出ている。それを覆う屋形は、仏殿と同じ寛文期の建物である。




浴室
 下り参道右側にある切妻式の建物が浴室である。明治30年(1897)現在地へ移建されたが、寛文期再興の建物である。



鎮守社
 参道をへだてた北側の森の中に、ひっそりとしずまる小社が当山の鎮守社で、稲荷大明神が祀られている。















心照殿山内寺院境内図末寺一覧泉涌寺を守る会月輪未生流泉涌寺霊園神仏霊場会facebook