月輪未生流

 東山、月輪山の麓に、皇室の菩提所として「御寺(みてら)」と呼ばれる総本山 泉涌寺があります。「華道月輪未生流」は、その泉涌寺で創流されたいけばなで、泉涌寺歴代長老が家元を継承してきました。元来、神仏を迎える拠所として床の間に松を生けたり、神仏に供するため色花を飾ったことが「いけばな」の発祥であるといわれますが、「華道月輪未生流」も、歴代皇族への献華がその始まりです。現在は、古式に則った伝統花である「生花(せいか)」と、自由な発想で創り上げる「自由花」があり、花を生けることだけでなく、草花の出生や、儀礼作法等を学ぶ事ができるのが特徴です。新春の霊明殿献華式・三月の涅槃会献華式・月輪未生流いけばな展・講習会・研究会・懇親会などの行事は、家元・泉涌寺で行われます。また各地の司所や支部でも花展や講習会が開催され、師範の資格を持つ先生方が懇切丁寧な指導を行っています。




心照殿山内寺院境内図末寺一覧泉涌寺を守る会月輪未生流泉涌寺霊園神仏霊場会facebook