お知らせ

3月15日 常楽会および仏牙舎利参拝につきまして

年中行事
2024年03月14日更新
  • お知らせイメージ

3月15日は仏殿において常楽会(涅槃会)が厳修されます(10時から14時30分頃まで)。堂内にてご参列頂けます。

また法要の間に限り仏牙舎利を仏殿にお祀りいたします。

大涅槃図を奉納されました、江戸中期の浄土宗僧侶で多くの優れた画を描いた明誉古礀(1653~1717)は、お釈迦様を篤く信仰なされており、泉涌寺開山俊芿律師の弟子である湛海律師により安貞2年(1228)宋朝より請来された、お釈迦様の聖遺物である仏牙舎利にも深い思慕をお持ちでおられました。そのため、涅槃図の裏面にしたためられた古礀の遺言によれば、泉涌寺の常楽会では仏殿に大涅槃図と共に仏牙舎利をお祀りし、常楽会に参集し僧俗を問わずこれらを拝すことで、お釈迦様と御縁を結んでほしいと熱願されておられました。

是非この機会にお参り頂き、お釈迦様のご遺徳を偲び、深く仏縁をお結び下さい。

本日の泉涌寺

2024年4月21日(日)

  • 通常拝観
  • 9:00〜16:30 (閉門17:00)